ナンバー変更・希望ナンバーへの変更手続き方法
 

ナンバー変更・希望ナンバーへの変更手続き方法

あなたは、『もっと気軽にナンバー変更ができたら。』 と思ったことはありませんか?

好きなナンバーに変えたい・うっかりぶつけて曲がってしまった・色が剥げてきた・
なんだかナンバーのせいで運が悪いような気がする・とにかく気に入らない。
などなど、理由はいろいろあると思います。

でも、クルマ屋さんではないから、
自分では変更できないものだと、あきらめてはいませんか?

ここでは、そんなあなたのために、ナンバー変更の手順をご紹介しましょう。


必要書類など

ナンバー変更に必要な書類などは、

  1. 自動車検査証(車検証)
  2. 自動車登録番号標交付申請書
  3. ナンバープレート
  4. 手数料納付書
  5. 自動車税申告書
  6. 委任状

書類の入手方法。
2.は、『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある 『書類販売』 窓口で購入することができます。 (40円程度。)

4.は、『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある 『ナンバー返納』 窓口で、
  ナンバーを返納するともらえます。

5.は、『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある 『自動車税事務所』 でもらえます。



1.自動車検査証(車検証)

クルマの持ち主や住所、登録番号(ナンバープレートの番号のこと)、
型式などが書いてあって、クルマの中にいつも入っているものですね。


2.自動車登録番号標交付申請書

登録手続きをするときの申請書です。
OCRシートという、必要な情報を機械で読み取る専用用紙を使います。


3.ナンバープレート

登録手続きする当日、
『運輸支局・検査登録事務所』 の敷地内にある駐車場で取り外して、
『ナンバー返納』 窓口へ返納します。


4.手数料納付書

『ナンバー返納』 窓口でナンバーを返すと 『返納確認印』 を押して、もらえる書類です。


5.自動車税申告書

車検証の登録番号が変わるため、
自動車税事務所でも登録番号の変更を、申告しておく必要があります。


6.委任状

所有者が直接申告するときは、必要ありません。

手続き

ナンバー変更の手続きは、使用の本拠の位置となる住所を管轄する、
運輸支局・検査登録事務所で行います。

軽自動車は、軽自動車検査協会です。


まず、『運輸支局・検査登録事務所・軽自動車検査協会』 の敷地内にある駐車場で
ナンバープレートを取り外して、『ナンバー返納』 窓口へ返納します。

必要な書類すべてに、必要事項を書き込み、『登録受付』 窓口へ提出します。

しばらくすると、『検査証交付』 窓口から名前が呼ばれ、
登録番号が変更された、新しい車検証が交付されます。

つぎは、『自動車税申告』 窓口へ行き、
新しい車検証と自動車税申告書を提出して、税金の申告を済ませます。

さて、お待ちかねのナンバー交付です!!

『ナンバー交付』 窓口へ行き、ナンバープレート代(1500円程度)を支払い、
新しい車検証と引き換えに、新しいナンバープレート・封印を取り付けるための台・
取り付け用ボルトを受け取ります。
(このとき車検証は、ナンバープレートの封印を済ませるまで、人質(笑)に取られることになります。)


軽自動車は封印がありませんから、
新しい車検証を『ナンバー交付』 窓口で見せると新しいナンバーが車検証と一緒にもらえます。

駐車場で新しいナンバーを付け終わったら、軽自動車のナンバー変更はこれで終わりです。

軽自動車以外の自動車は、新しいナンバープレートを取りつけ、封印場へむかいます。
(このとき、封印を取り付けるための台は、
うしろのナンバープレートを取り付けるボルトの内の、左側のボルトといっしょに固定しておきます。


さいごに、封印場で係りの人に封印をつけてもらい、
車検証を受け取ればナンバー変更完了です!!



スポンサーリンク



 

希望ナンバーの取り方

上記のナンバー変更方法では、どんなナンバーになるかは選ぶことができません。
よいナンバーが当たるかどうかは、運しだいということになってしまいます。

もし、ナンバーを好きに選んで変更したい場合、
手続き・書類などは上記とおなじですが、手続きする前に、あらかじめ 『希望ナンバーの予約受付』 
窓口で、 『希望ナンバーの予約手続き』 をし、『希望番号予約済証』 の交付をうける必要があります。
(このとき、希望ナンバープレート代(4200円程度)をさきに支払うことになります。)

そして、『希望番号予約済証』 に記載されている
ナンバープレートの交付可能日(土日を除いて4日後)を待ってから手続きを行います。


書類

『希望ナンバーの予約手続き』 に必要な書類は、
上記の1〜6の書類 と 『希望番号予約済証』 それと、

人気があって抽選対象番号
『1、7、333、555、777、888、2000、3000、1111、3333、5555、7777、8888』 を
希望するときに使う、『抽選対象希望番号申込書』 か、

抽選対象番号以外の番号を希望するときに使う、『一般希望番号申込書』
のいずれかを合わせて提出します。

書類の入手先は、『運輸支局・検査登録事務所・軽自動車検査協会』 の敷地内にある、
『書類販売』 窓口で購入することができます。 (40円程度。)


抽選対象希望番号は、必ず取得できるとは限りませんので、ご注意ください。
 
 


 
 

▲ページトップに戻る

inserted by FC2 system